AGAクリニックで薄毛を改善した体験談まとめ|実際にハゲが病院で治った

【25歳男性】
23歳くらいの頃から後頭部の頭皮が若干露出し始め、24歳になった頃には完全に後頭部だけが薄毛の状態でした。

若くして薄毛になってしまい、仕事や友人と遊ぶときも周りの目を気になってしまったため、都内のAGAクリニックに通い、その際に2種類の薬を処方してもらいました。

その処方してもらった薬の内の1つが、薄毛(AGA)の進行を抑制する「プロペシア」でした。

1.プロペシアの使用感
私が処方してもらったプロペシアは、一般的な錠剤でよく見られる円形のもので、少し独特なニオイがしますが小さい錠剤ですので飲みにくいということはありません。

服用方法は、1日1錠、食後食前関係なく自分の好きなタイミングで服用し、水で流し込むというものでした。特に味などはありませんので、飲みやすいお薬です。

2.プロペシアを服用してから半年後、1年後の変化
24歳からどんどんと後頭部が薄くなっていくのを実感していましたし、お風呂に入るたびに「抜け毛が多いな」と感じた事がありました。

薬服用開始時、医師からは「最低でも半年は継続しないと効果を実感できない」と言われており、その通りプロペシアを服用してから1~2ヶ月間はその症状は治まりませんでした。

薄毛の状況も初診時と全く変わらない状態で最初はかなり不安に感じていたのを覚えています。

しかし、プロペシアの服用を始めてから4ヶ月が経った頃、医師が撮影した初診時から現在の後頭部の写真の比較画像を見てみると、明らかに髪の色が濃くなっているのが分かりました。

プロペシアとは別に処方してもらっていた薬の効果もあるのでしょうが、その比較画像からみてもAGAの進行は明らかに止まっており、薄毛は改善へと向かっていました。

プロペシアの服用から半年後は、お風呂で洗髪をする際にいつも気になっていた抜け毛の量も気にならない程度にまで減りました。

その効果は気になっていた後頭部だけではなく、額の生え際などもどんどんと毛髪量が増え髪の毛の太さにも変化が出始めていました。

ただ、半年間ではまだ完治しているとは言えず、この時点では改善しているとは言え、まだ後頭部は頭皮が露出した状態のままでした。

しかし、半年後から処方されたプロペシア等の薬によるAGAの改善スピードは速く、1か月前の写真と1か月後の写真では明らかに違いがはっきりしていました。

服用から10か月がたった頃には額の生え際が一般的な髪質の人と同等くらいまで改善しました。

気になっていた後頭部は普通の人より少し薄かったですが、周りの目をあまり気にしなくても大丈夫な程に改善されていたのをはっきり覚えています。

そして、服用から1年が経った頃には、初診時の後頭部写真と見比べてみてもその差は歴然。

かなり露出していた頭皮は髪によって隠され、薄毛が原因で消えてしまったつむじも復活し、ワックスなどで後頭部の髪を整えられるまでに改善していました。

3.個人的な感想、メリットとデメリット
薄毛にかなり悩んでいた時は、植毛やウィッグを考えていましたが、1日1錠薬を飲むだけで自身の本物の髪の毛を取り返せるとは思ってもみませんでした。

正直、「プロペシアはここまで改善される」というインターネットなどの情報はそこまで信じていませんでした。

また、クリニックにいったのも「少しくらい改善されればいいかな」程度だったので、薄毛が大幅に改善されたのには衝撃でした。

プロペシアを服用するに当たり、特に生活習慣が制限されるような事はありません。1日1錠、好きな時間に服用すればよいだけなので、この手軽さは大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、プロペシアは高価な薬で、私が服用していたものは1か月分のプロペシア代7,560円(税込)、薄毛がかなり進行していたのでプロペシア以外の薬も処方してもらい、毎月2万円ほど支払っていました。

その為、かなりの薄毛を薬で治療したい場合、毎月の収入にある程度の余裕がある人でなければ、難しい治療というのがデメリットとして挙げられます。

【42歳男性】
前頭部から頭頂部にかけての薄毛です。うっすらと髪が生えている状態をキープしています。

AGAクリニックで処方されるプロペシアの錠剤を服用しています。

プロペシアはにおいは多少独特ですが問題ない程度です。形状は小粒で平べったく、中央部分がやや盛り上がっている感じです。1mgの錠剤を毎日1回服用しています。

プロペシアを服用するようになってから、半年後には抜け毛がかなり減るようになりました。

服用するまでは朝起きると枕元に毛が抜けていたり、髪を洗うと手に抜け毛が絡みつくほどでしたが、一ヶ月二ヶ月と徐々に抜け毛が減っていくのがわかりました。

半年もたてば、抜け毛に対する恐怖心がなくなったくらいです。

以前は毎日のように抜け毛に怯え、鏡を見ては薄毛の進行をこわごわ確認していましたが、プロペシアを服用するようになってからはその逆になりました。

抜け毛が減るのを喜び、鏡で髪の状態が回復に向かっているのを喜ぶ毎日です。

毎日が抜け毛の恐怖から喜びに変わったのでストレスが一気に減り、人生を楽しく前向きに考えられるようにさえなりました。

ストレスは薄毛の大敵です。そうした心の変化も髪や頭皮によい影響を与えたと思います。

通院時のクリニックの医師の診察でも、そう指摘されました。看護師さんにも以前より表情が明るくなったと笑われたのを覚えています。

それからプロペシアの服用を1年ほど続けると、本当に髪のボリュームが増えました。薄毛の進行が止まらずに悩んでいた状態から、1年で髪のボリュームがアップし、以前より倍増したのは大きな成果です。

AGA治療で評判のよいAGAスキンクリニックで診察を受け、プロペシアの服用による治療計画を立てたわけですが、医師の見立て通りに事が運び驚いています。

AGAではプロペシアによる治療はオーソドックスなものですが、きちんと通院して診察を受け、医師の指示通りに服用を続けたのがよかったのだと思います。

医師は回復が順調であったからこそプロペシアによる治療を続けたわけで、もし見立てが違ったら、別の治療方法を試していたのかもしれません。

服用開始から半年で抜け毛が落ち着き、薄毛の進行が止まりました。この時点で現状維持に成功です。それから1年ほどで髪の毛が増えました。私の場合には発毛の効果もあったようです。

上記のようにプロペシアの服用から1年程の間には大きな変化がありました。さらに、その後も順調な回復とキープができています。

プロペシアを服用した感想としては、この薬には感謝しかありません。

もしプロペシアを服用せずに薄毛が進行した時の事を考えると、今でも恐ろしいくらいです。

プロペシアの最大のメリットは、AGAによる抜け毛の防止や発毛が期待できる点です。

医師の診察を受け、治療としてプロペシアの服用すれば薄毛改善の効果が期待できます。これが最大のメリットです。

デメリットとしては、治療にはある程度の費用がかかることでしょう。プロペシアは保険が聞きませんので、自費による10割負担になります。

私の場合には、およそ月に一万円弱の費用がかかりました。これを安いとみるか高いとみるかは人によって違いますが、一年二年と治療を続ける事を考えると、治療費の負担を感じる方も多いはずです。

ただし、私のようにプロペシアの服用で薄毛改善の効果を実感できれば、それだけのお金を払う価値は十分にありますので、むしろ安いと思えるくらいの金額です。

https://onayami.online/shoinsin.html

育毛サプリのアガルプは効果なし?それとも生える?アガルプ評判と口コミ